我が地元広島の高校「広陵高校」が10年ぶりの甲子園ベスト4入りを果たしました!

まさかここまで来るとは思いもしませんでしたが、ついにベスト4です!

一旦今までの結果を振り返ってみます。

広陵高校甲子園の試合結果

10-6vs 中京大中京(愛知) [1回戦]
6-1vs 秀岳館(熊本)   [2回戦]
6-4vs 聖光学院(福島)  [3回戦]
10-4vs 仙台育英(宮城)  [準々決勝]

トータル32得点15失点の結果です。

なんと、32得点の内10得点が中村選手(捕手)の得点なのです。

特に3回戦の聖光学院の試合では4打点とほぼ中村選手のワンマン試合と言わざるを得ないような試合でした。

正直、そういう思いがあるファンは多いと思いますのでぜひ中村選手以外もがんばってほしいところです。

中村選手について

甲子園でホームラン数4本とあと1本で甲子園記録となる清原選手の5本に並ぶなど話題を呼んでいる選手ですが、

実は広島県大会では打率1割7分6厘(17打数3安打4打点2盗塁)だったのです。

しかし、甲子園に来て打率6割6分7厘(18打数12安打10打点4本塁打2盗塁)とその怪物さを発揮しています。

その実力で、広陵唯一となるU-18にも選出されました。

中村選手は捕手ですが、足も速く打てる捕手と言う事で小林(現読売ジャイアンツ捕手)二世と言われており、ドラフト1位候補として注目を集めています。

甲子園に来て、覚醒したかのように打つ中村選手は残り(勝ち進めば)2試合どのような結果を残してくれるか楽しみです。

まずは10年ぶりの決勝へ

まずは準決勝で相手する強豪天理との対戦です。

ここに勝てば、10年ぶりの決勝(10年前悪夢の試合)へ進みます。

※ 悪夢の試合について詳しくは「第99回全国高校野球選手権大会【甲子園】4日目の勝利予想をしてみた」でご紹介しています。

ピッチャーエースの平元選手に次ぎ左の山本選手と好投手がいる広陵なので今年こそ優勝を勝ちとって頂きたいです!

まずは、打倒天理!がんばってください!



ブログランキング・にほんブログ村へ