集客するためにはまず、SEO対策をしっかりしなければ集客の効率が悪くなります。

まずわからない方の為にSEOとは、「検索エンジン(Yahoo!やGoogle等)の検索結果画面において、ホームページの表示順位を上位に上げる手法」です。

検索上位に表示されれば、自然にアクセスアップにも繋がりますのでSEOはホームページを公開する上で最重要な対策です。

プラグインインストールと有効化

「All in One SEO Pack」はワードプレスをインストールするとすでにインストールされているはずですが、ない方はまずはインストールしましょう。

→【WordPressプラグイン『All in One SEO Pack』インストール

インストールを終えたら有効化をクリック。

各種設定

早速設定をしましょう。まずは、有効化したら管理画面の左メニューの上の方に「All in One SEO」という項目が増えているはずです。

「All in One SEO」にカーソルを合わせると以下のようメニューがでますので、「一般設定」をクリックします。

そたら、まずは一般設定の項目を下図のようにしましょう。

Canonical URLとは?

まず、これを設定していない場合、ページ内容が類似またはURLが重複している時に本来検索エンジンに評価され、優先されるべきページが重複ページの存在によりどれが大事なコンテンツかわからなくなり、評価が2つ以上に分散されてしまい、低い評価がついてしまう可能性があります。

それの為、この設定がCanonical URLを自動生成し、優先すべきページを検索エンジンに伝え重複ペナルティを防ぎ正規の評価を受けることができます

たとえば、「www.net-soleil.com」と「net-soleil.com」どっちでも表示が可能な為どちらで評価すればいいの?と検索エンジン側はわかりません。

ですが、Canonical URLをチェックすると設定でサイトアドレスのURLに設定しているURL(当サイトはnet-soleil.com)が「正しいURLなので『net-soleil.com』を評価してください。」と検索エンジンにアピールすることができます。

また、他のページにアクセスしても「www.」無しでのアクセスをしてくれるようになります。

まとめ

全部説明しようと思ったらかなり長く疲れるので一旦ここまでの説明で終わりです。。。

なんと、Canonical URLをチェックしなくてもワードプレス自体で勝手にcanonical挿入してるとか!?

という話しを聞きました。なんということでしょう。まぁでもチェックしておいて損は無いはずです。



ブログランキング・にほんブログ村へ