ブログや、固定ページでPHPを書きたくてもセキュリティ上のリスクを抑える為にPHPプログラミングを記述してもなんら実行されることはありません。

ですが、固定ページや投稿にもPHPを使いたいというときがありますよね。

そんな時に使われるのが『ショートコード』です。

ショートコードとは?

ショートコードとは、固定ページや投稿内容等で様々なPHPプログラムや文章などを短いコードで表示させることができるマクロ機能です。

ショートコードは下記のように『[ ]』で囲まれたコードです。

[sample]

これは元々「function.php」内のプログラムで実行させておく必要があります。

ショートコードを作る

固定ページや投稿内容でPHPを実行させるためにまずfunction.phpで下記プログラムを書き込む必要が有ります。

/*-------------------------------------------*/
/*	ショートコードでPHP実行
/*-------------------------------------------*/
function test_shortcode() {
		return 'テストです';
}
add_shortcode('test_code', 'test_shortcode');

固定ページソース内に『[test_code]』と記述すると

テストです

と表示されます。

add_shortcode('ショートコード名', '関数名');

「ショートコード名」と「関数名」の文字列は必ず別々にしましょう。

また、「function.php」内を弄る場合は必ず事前にFFFTP等のソフトでバックアップしておきましょう。

もし、プログラム内でエラーが発生した場合エラー画面となりfunction.php内を編集できなくなってしまいます。



ブログランキング・にほんブログ村へ